個人再生のおおまかな流れ

いくら返しても借金が減らないどころか利息が膨らんで増えていっているという場合は返済不能状態に陥っていると考えてよいです。
返済を続けても事態が悪化するだけです。
債務整理を検討しましょう。

借金の総額が5,000万円以下で安定した収入のある人は個人再生手続を利用できます。
個人再生を行うと借金は一部残りますが大幅に減額可能です。
また、住宅ローンの特則があるため、家に住み続けることが可能です。
同居人がいる場合でも家を失わなくて済むので安心です。

個人再生を利用するときは裁判所に申し立てなければなりません。
裁判所では財産や債務の状況について調査します。
書類の提出を求められるので、書類の苦手な人は弁護士や司法書士に依頼したほうが無難でしょう。
書類の提出が期限内に行われないと手続は認可されません。
なお、財産や債務の状況に関する書類は自分のものを提出すれば大丈夫です。
同居人の書類を提出する必要はありません。
調査の後に債権者の同意を得たうえで、個人再生が認可されます。

ちなみに同居人に借金を隠し通したいという人もいるかもしれませんが、個人再生を行うと裁判所から自宅に書類が送られてきます。
隠し通すのは難しいので思い切って打ち明けたほうが良いでしょう。