返済に困るから借金一本化したい場合の対策とは

どこから借りているかの把握は大切になってくるので、自分の状況を知ることです。
返済が必ず4社以上なら、借金は一本化できないとは限らないのでした。
どんな方法を取れば審査はスムーズにいくかは、個人の状況で大きく変わります。
同じ会社に1年以上は勤務している必要があるので、例えば11ヶ月だとしたらもう少し待つなどです。
ブラックリストに載っていないかは、もちろん言えることなのでした。
何をもってブラックリストというかといえば、延滞があるかどうか、1ヶ月以内に3社以上申し込んでしまったかです。
まず一本化どころかどこからも借りられない、増額もできない状態になってしまうでしょう。
当然、目的はまとめること、つまり一本化なので、借金を何とかしないといけません。
消費者金融でお金借りる金額を、銀行で一本化したいのかどうかが問題になります。
銀行から銀行になるケースも中にはあるので、利息も関係してくるでしょう。
または、消費者金融から消費者金融で一本化する場合でも、利息は大きい問題です。
消費者金融で18%だとしても、銀行では半分になることもあるのが一本化の方法です。
まずは、ブラックでないことや勤務期間の問題、年収がいくらあるかなどです。
当然ですが、返済に困るから借金一本化したい場合の対策とはいくつもあります。
審査に通らなければいけないことはもちろんなのですが、「借換希望」と伝えることも必要になってきます。
いきなり、例えば3社で300万円借金があったとして、一本化したいからと全額は借りれません。
だからといって、借金一本化したい時は、一気に借りたいと思うでしょう。
ところが、年収によっては、徐々じゃないと難しいこともあり得るからいえるのです。
確かに金利は一本化することで下がって楽かもしれませんが、返済方法にもよります。
同じ金額の借金を返済していくのか、減らして返済するかでも変わってくるのでした。
返済していた金額を変えなければ、確かに減っていくのが返済金額の総額です。
でも、毎月の返済を減らして生活を楽にしたいと思うなら、総額は増えてしまう結果になるのでした。
少しでも借金一本化して総額も減らしたいなら、返済額は変えないことです。
利息が安くなっているとはいえ、総額自体を減らしたいなら返済額を減らさないことです。
きちんと確認して、借金一本化したい旨が銀行や消費者金融などの相手側へ伝わることが大切です。
それがしっかりできたなら、一本化へと近づいていく対策になるといえるのでした。

おまとめローン詐欺はなぜ起きる?!原因と対処法

現在【おまとめローン詐欺】というものが流行っているそうです。
おまとめローン詐欺は振り込め詐欺の一種で、最終的に振り込まなければ安全だと言ってもいいとは思います。
しかし、振り込んでしまう人もまだまだ多数いるため、単純に振り込まなければ安心と言えるわけではないでしょう。
そもそも、【おまとめローン】とは何でしょうか。
これは、複数の業者からの借入れを一本化することで、利息と月々の負担を抑えられるローンのことで、銀行だけではなく、他の金融機関でもサービスを受けられるみたいです。
おまとめローン自体のサービスの良さはわかりました。
A社で〇〇万円、B社で〇〇万円、C社で〇〇万円って借りているような人がいたとしたら、返済する日程も利息もバラバラとなってしまい、あと何日で返済が完了するかわかりにくくなっていますよね。
それをおまとめローンというシステムを使い、返済を一本化することによって返済する日程や利息を一致させる。
そうすると、あとどれくらいで完済できるかわかりますし今月はどれくらいまでお金を使っていいのか分かりやすくなり、生活に余裕ができると思います。
ではおまとめローン詐欺はなぜ起こってしまうのか、考えてみたいと思います。
おまとめローン詐欺の最初のきっかけとしては、メールなどが来る場合が多いということが言えます。
借金で悩んでいる人がそれを見ると、思わずやってみようかなという心理を働かせるきっかけとしては非常に巧妙で悪質ですよね。
やってみようと思った瞬間に携帯ならすぐに手続きを取りやすく、またそのメールから登録するのが、電話番号とメールアドレスといった情報のみですぐに登録しやすいというのも特徴です。
電話番号やメールアドレスを登録したら、割とすぐに電話がかかってくるみたいです。
そして本人確認のみですぐにローンをおまとめできるというようなことを言われるみたいです。
ここも簡単ですよね。間口を広く、そして入りやすくすることが詐欺の常套手段です。
そしてお金を盗る手段はいろいろあるみたいです。
「おまとめローンの最初の信用として〇〇万円かかる」と言われたり、「本人確認のために〇〇万円必要」と言われたり。
通常であれば「ん?」となることでも、借金で焦っている人にとっては早くローンをまとめたいために振り込んでしまいます。
一度振り込ませたら後は何回か口実を作って、振り込ませる回数を増やすだけです。

おまとめローン詐欺にひっかからないようにするには

では次に、そんなおまとめローン詐欺にひっかからないようにするにはどうしたらいいのか考えていきたいと思います。
一番確実な方法としては、借金苦に陥らない方法が挙げられるのではないでしょうか。
キャッシングのカードを何社も持たず、一社だけにとどめておけばおまとめローンを使用することもないわけですから。
借金苦にさえならなければ、なんとかして返済する必要もなく、弱みにつけこまれて詐欺にあう可能性も低くなると思います。
ただどうしても、複数の会社からお金が必要になって借金してしまうこともあると思います。
そうなった場合に気をつけなければならないのが、ネットやメールからおまとめローン詐欺にあう可能性が高いということを忘れてはいけません。
結局詐欺にあう人は、どこかで冷静な判断を下せていれば詐欺にあうことがなかったんだと思います。
また焦っていたとしても、一つの指標があれば詐欺にあう確率はグンと下げることができると思います。
その一つの指標が、メールでおまとめローンの案内が来ても応じないということです。
もし、おまとめローンのサービスを受けたいと思った人は、銀行でもそのサービスは受けられるので、自分がよく使っている銀行がそのサービスを行っているから調べてみたほうがいいでしょう。
自分からアクションを起こすというのも詐欺にあわないようにするための方法だと言えると思います。