自己破産をした場合の債権回収はどうなる?

お金を貸している相手が自己破産をすると、貸していたお金が回収できなくなる可能性が高まります。
それ以降全く返してもらえないとは限らないものの、貸した金額のうちのほとんどは返ってこないというケースが多いです。
お金を貸している相手が、自分以外からも借りている可能性もありますし、その場合には余計に貸したお金が返ってきづらいです。
実際、自己破産をすると、残った債務者の財産の中から生活に必要なモノを除いて、お金に換えて、債権者に分配します。
そのときには破産管財人という人がそれを行うので、基本的には債権者で話し合って分配をどうするか?を決めることはできないのです。
それによって主に債権回収をすることになりますが、いくら返ってくるか?というのは、債務者の財産の総額やそれぞれの債権者が貸している金額にもよります。
一般的には貸している金額が多い人に、より多くの金額が行き渡るようになっています。
しかし、それによって債権回収ができたとしても、返ってくるのは借りた金額のうちの数%くらいということも珍しくないので、債権回収に関して、満足のいく結果にはなかなかならないのです。
自己破産という手段がある以上、お金を貸す方もこういうリスクを理解したうえで貸さないといけないということになります。