自己破産にかかる予納金について

自己破産した際には弁護士費用がかかるのは常識ですが、ほかに予納金という裁判所に支払わなければならないお金も発生します。
弁護士費用は日数や期間によってある程度の相場が決まっていますが、裁判所に支払う予納金は全員が一律ではないところに注意すべきです。
同時廃止における支払い金額は数万円程度で良いので問題ないですが、少額管財に万が一なってしまった場合最低20万以上の支払いの義務が発生するので自己破産直後のお金がない状態ではかなり厳しいといえます。
そして本人申し立ての場合は更に多い50万以上の金額がかかるので自分の判断で自己破産を申し込むのも考え物だといってよいです。
なので、弁護士費用のほかに予納金の存在も頭に入れて自己破産すべきかどうか検討するのが良いです。
自己破産は手続きするのにも多くの人件費がかかります。
すべての財産を引き渡したからといってそれで解決するものではないのです。
だから予納金としてそういった人件費や手続き費用に充てるためのお金が必要で裁判所もその費用によって動いてくれています。
なので、それも世の中に必要な費用だと思って気持ちよく支払うのが良いです。
予納金があるからこそ借金から救われるのです。