借金が多額でも安定した収入があるのなら

債務整理の手段の一つである任意整理は裁判所を介することなく個別に債権者と話し合うことで返済額や支払いの方法について話し合う方法です。
話がまとまったら残った借金を3年から5年で支払うというのが任意整理の基本ベースです。
たとえば、借金が膨れ上がり1000万円近くになってしまった人でも支払い期間が長ければ過払い金を見込むこともできるので借金を3分の1以下ぐらいまでに減らすことも可能ですし、場合によっては全てなくなる可能性もあります。
もちろん、残った額は3年から5年以内での完済となりますから、月に支払いできる金額がクリアできるようであれば任意整理を選択することが可能です。
借金をしているという責任感により誰にも頼らずに解決しようとして逆に借入額を膨らませてしまうケースが多いですが、早期に弁護士に相談すれば取り立てもとまります。
そうしたストレスがなくなることで冷静な判断ができるようになりますし、自分にとってベストな選択肢を模索することも可能です。
また、仮に残債について期間内の支払いが難しいとなった場合でもほかの債務整理の選択肢を考えることもできます。5年以上返済を続けていて、ある程度安定した収入が見込める場合は任意整理について一度相談することも大事です。