受任通知は債務整理を弁護士に依頼する大きなメリット

債務整理を弁護士に依頼すると、弁護士から債権者に対して受任通知が送付されます。
意味は字の通りですが、この件について受任しました、という通知です。
弁護士は代理人ですから、債権者は債務の取り立てや督促について債務者に直接連絡をせず、受任した私を通してください、という通告でもあります。
借金の返済もさることながら、取り立てや督促状が債務者を追い込んでいるケースはよくあります。
こうした取り立てがなくなるだけでも、債務者は心の平穏を取り戻すことができるでしょう。
債務整理の方法は複数ありますが、どれを選択するかはゆっくりと考えるとして、まずは受任通知で取り立てを止めるだけでも弁護士に依頼する価値は充分にあります。
債務者が弁護士を立てれば話し合いは弁護士を通すべき、というのはいわば紳士協定のような曖昧なものではありません。
貸金業法によって決まっているルールです。
債務整理の受任通知を受けたら、債権者は正当な理由なしに債務者に電話、ファックス、郵便、訪問などをしてはいけないことになっています。
弁護士に依頼すれば当然報酬を払わねばならず、それがネックとなって躊躇する人も多いでしょう。
しかし強い効力を持つ受任通知の価値を考えれば、躊躇せずまずは相談だけでもしてみるべきでしょう。